ペレット山口のニュース情報

冬の部屋温度を快適にする輻射暖房


171206-1

人が快適と感じる温度は季節によって異なります。

夏の快適な室温は26℃前後と言われており22℃まで下がると肌寒く感じ始めます。逆に、冬の快適な室温は22℃前後で、26℃を超えると暖かすぎると感じてしまう傾向があります。

冬場の室内の温度。その感じ方は暖房の方法によっても違うことをご存知でしょうか?

たとえば、エアコンなどの温風暖房では気流が人の体温を奪うため、室温が25℃以上でないと暖かいと感じません。その一方で、輻射暖房はその熱の伝わり方から、壁・床・天井など室内の広い面積を暖めそれが放熱するため、室温が20℃前後でも暖かく感じるというデーターがあります。この点からも輻射熱を出す暖房機は、冬場の室内温度を省エネ且つ快適に保つことができる最適なアイテムと言えそうです。

ヒートショックの観点からも、冬の室内温度は18℃~23℃が快適な温度。体感温度は、室内の空気の温度だけではなく、床や壁、天井や窓から伝わってくる温度も重要といえます。また、暖かい空気は上昇し天井付近にたまりやすいので、室内の空気を攪拌するサーキュレーター(シーリングファン)などを利用することも有効です。

ショールーム

取扱説明

補助金制度

ペレット専用クレジット

木質ペレット購入場所

ペレットに関するQ&A

お電話で問い合せ

メールフォームで問い合せ