山口県地産エネルギー

ペレットストーブの燃料となる「木質ペレット」は、森林整備や木材加工のときに発生した木の切りくずなどを粉砕して圧着した燃料です。
わたしたちの住んでいる山口県の森林率は、なんと約72%を誇ります。 その面積は、44万haで東京ドーム 約94,107個分です。
つまり、再生可能エネルギーの宝庫というわけです。

山口県森林率

そもそもわたしたちは、”自然を守る”ことに対して間違ったイメージを持ってしまっています。「木を切ると自然に悪い」「森林伐採は罪だ」とこんな風に、木を切る=環境破壊 と思ってしまっています。しかし実はそうではありません。日本は現在、国内で使用される木材の大半を輸入していることで、昔から続いてきた日本の森林保全が行き届かなくなっています。つまり、正しい森林資源のサイクルができなくなってきています。『植える→育てる→使う→植える』という森林資源のサイクルを好循環にすることで、適切な森林整備が確保されるとともに、未来の子どもたちに健全な自然環境を継承していくことにも繋がっていくのです。
それとともに、地元の木材を使用していくことで雇用創出にもなります。 今まで、海外に流出していたお金を地元で活かすことができるのです。

正しく「自然を守る」ことで良いこと

日本のエネルギー自給率のことを”もっと知りたい”という方はこちらをご覧ください。

日本のエネルギー自給率を考えるPDF

日本のエネルギー自給率を真剣に考えている仲間の輪は、全国に広がっています。
(株)さいかい産業の隊長こと、古川正司さんが理事長を勤めている【WPPC・一社)木質ペレット推進協議会】。それから“自然との共生が求められる現代社会に、もう一度森と暮らすライフスタイルを広めて荒廃した森林を再生したい。”がモットーの【NPO法人 日本の森バイオマスネットワーク】。弊社は、この2つの団体の山口支部として活動を行っています。
日本の貴重な資源である森林。この自然を正しい循環で、健全な森林を私たちの手で再生しよう!そして、未来の子供たちに人と自然の調和を学んでほしい!
ペレットストーブは、こんな想いがつまったあたたかい暖房器具です。

木質ペレットの「広がる輪」

「里山へ出かけよう!」プロジェクト in 宇津木の里

わたしたちは、『宇津木の里』のご協力のもと、お客さまと”山の勉強”や”里山体験”を行っています。 実際に山に入り、自然の素晴らしさを感じていただき、現代の森林問題についてもみなさんと一緒に見つめていきたいと考えております。

「宇津木の里」とは
山口市下小鯖千坊地区の約7haの森林を活動拠点として、荒廃森林の整備、自然観察会や椎茸駒打等の里山体験活動などを実施することを目的に、平成14年に結成。会員40名。
その昔、活動拠点の千坊地区には卯の花(ウツギの花の別称)がたくさん咲いていたことから「宇津木の里」と名付けられました。

[里山体験のある日の流れ]
・間伐見学、枝打ち、バウムクーヘン作り
・ボタン鍋、餅つき、ミニ門松づくり
・長柄の鎌で、下草の刈り取り、ツルの取り、豚汁

「里山へ出かけよう!」プロジェクト

※開催情報は、本サイト『Eventページ』にてお知らせします!

ショールーム

取扱説明

補助金制度

ペレット専用クレジット

木質ペレット購入場所

ペレットに関するQ&A

お電話で問い合せ

メールフォームで問い合せ